私の事務所には、スーツが必要経費になるかどうかを質問してみえる関与先の方がおられます。

結論から言わせていただくと、私は必要経費にならないとお答えしております。

なぜなら、クラブのママの仕事用のドレス、芸能人の舞台衣装、会社のネームが入った仕事用の衣服は必要経費に計上でき、

それ以外は衣食住の費用であり、事業の必要経費とは考えられないからです。

しかし実際は、スーツを必要経費にされる弁護士が存在し、二分の一を必要経費に計上される税理士も存在します。

二分の一の根拠は、税務調査での駆け引きでそうなったと聞いております。

でも現実的な王道は、駆け引きではなく原理原則が正しいと考えます。