10月から始まったマイナンバー制度。平成28年1月からの個人番号カードの交付に向けて、10月中旬から通知カードが発送されています。

通知カードは、10月5日時点で住民票に記載されている住所に、世帯ごとに簡易書留で発送されます。従って、家族世帯等については、世帯主宛てに家族分の通知カードが届くこととなります。送られてくる封筒には、①宛名台紙、②通知カード+個人番号カード交付申請書兼電子証明発行申請書+音声コード台紙、③説明用パンフレット、④個人番号カード申請書の返信封筒、の4つが入っています。単身世帯でなければ、②のみ世帯人数分封入されています。

個人番号カードは通知カードとは異なり、顔写真や個人を識別するICチップの付いた公的な身分証明書として活用できる。個人番号カードの交付を受けるには、②の個人番号カード交付申請書に必要事項を記載し、④の返信用封筒に入れ郵送で申請を行う方法や、インターネットにより申請を行う方法等があります。

ちなみに個人番号カードの交付を受けた際に通知カードは不要となるので、返納することになるそうです。(税務通信より)